一般財団法人
日本水産油脂協会

日本水産油脂協会とは
これまでのあゆみ
事業内容
情報公開
賛助員について
アクセス
講演会
資源講演会
技術懇話会
共催講演会
トピックス
知っておきたい基礎知識
刊行物
関係機関
HOME

技術懇話会

<以下の懇話会を開催いたします。>

第37回水産油脂技術懇話会

日 時: 令和 3年11月18日(木) 14:00〜15:30 ( 講演・質疑応答 )
会 場: Zoom による Web 開催 ( 定員100名 )
演 題:

脂溶性栄養素を中心とした食品中成分の生理機能と生活習慣病予防

講 師:

お茶の水女子大学 基幹研究院 自然科学系

教授 藤原 葉子 先生

概 要:

生活習慣病の予防において適切な脂質摂取は栄養学的に重要な課題であるが、食用油脂の機能はその脂肪酸組成だけでは説明がつかないことも多い。 植物油中の微量成分としてビタミンEやポリフェノールの耐糖能異常改善作用、骨代謝、非アルコール性脂肪肝炎などへの影響について、最近の我々の研究結果を紹介したい。

・お茶の水女子大学 研究者情報

・お茶の水女子大学 栄養化学研究室

 

参加費は無料です。お申込みはこちら( 申込フォーム )

 

これまでの開催リストはこちら



<以下の懇話会を開催いたしました。懇話会記録を販売中です。>

第36回水産油脂技術懇話会

日 時: 令和 3年6月23日(水) 14:00〜15:30 ( 講演・質疑応答 )
会 場: Zoom による Web 開催 ( 定員100名 )
演 題:

時間栄養学と魚油による代謝改善効果

講 師:

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門
食健康機能研究グループ 研究グループ長

大石 勝隆 先生

概 要:

時間栄養学は、生体リズムを考慮に入れた新たな栄養学であり、睡眠改善や生活習慣病の予防効果などへの貢献が期待されている。 本講演では、生活習慣病の予防効果を中心とした時間栄養学の可能性とともに、時間栄養学を利用した魚油による代謝改善効果について紹介する。

・国立研究開発法人 産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門